menu

女性のための嚴島神社を楽しむ!正式参拝5つのポイント

 若旦那な武内こと宮島観光アドバイザーのともちんです。
今回のブログでは、宮島観光をより楽しみたい女性の方へ嚴島神社参拝で注意しておきたい5つのポイントをブログでお伝え致します。
宮島は年間400万人という観光のお客様が訪れますが、その内の200万人以上の方が嚴島神社を観光されるようです。本当にすごい事ですね♪そんなに観光されているのに、あまり参拝の作法を知らない方も実は多いです。今回のブログを参考にして頂いて、嚴島神社の観光がより楽しくできるお手伝いが出来れば、嬉しいです。

まずは、嚴島神社を簡単にご紹介

厳島神社
 海中にそびえ立つ朱の大鳥居と共に、市杵島姫命(いつきしまひめのみこと)田心姫命(たごりひめのみこと)湍津姫命(たぎつひめのみこと) の三女神を祀ってある厳島神社。 海上に浮かぶ嚴島神社は、寝殿造りの技を感じる国内有数の名社といわれるにふさわしい風格です。社殿の創建は推古元年(593年)佐伯鞍職によるものと伝えられています。その後の仁安3年(1168)平清盛によって現在のように造営されました。海上の安全や芸能、商売の神、漁業神、農業神など様々なご利益をもたらす神様として信仰を集めています。嚴島神社の概要を少しお伝えしまして、本題の嚴島神社参拝5つのポイントをご案内します♪

嚴島神社の観光をより楽しむ5つのポイント

目次
(1)石鳥居から嚴島神社まで向かう作法のポイント
(2)嚴島神社に拝殿する前のポイント
(3)嚴島神社内、回廊を歩く時に注意するポイント
(4)客神社での正しい参拝の礼儀作法のポイント
(5)御本社での参拝の礼儀作法と神社内各社のルートポイント
このすべてのチェックポイントを参考にして頂けたら、より嚴島神社の参拝も、安心して楽しむ事ができます!
嚴島神社の参拝の作法をマスターして、ご利益いっぱいの観光を楽しみましょう♪

⑴石鳥居から嚴島神社まで向かう作法のポイント!

まず嚴島神社手前の石鳥居前で、神社へ向かって一礼をし、鳥居をくぐります。その際は、石鳥居の中央を通らず両端を通りましょう。中央は神の通り道とされています。 宮島 石鳥居

⑵嚴島神社に拝殿する前のポイント!

神社に入る前に、まず身を清めましょう。入口で昇殿料を支払い後、手水(てみず)を行います。手水は、まず手水鉢から柄杓(ひしゃく)で1回水をすくいます。右手に柄杓を持ち、左手を洗います。左手に柄杓を持ち替え、右手を洗います。右手に柄杓を持ち替え、左手に水を受け、その水で口をすすぎます。最後に残った水で柄杓の柄をたてに洗い流します。 宮島 女子旅⑫

⑶嚴島神社内、回廊を歩く時に注意するポイント!

嚴島神社の廻廊入口で一礼をしてから、廻廊に足を進めます。(廻廊の中央は神の通り道とされていますので、端を進みましょう!) 厳島神社 正面

⑷客神社での正しい参拝の礼儀作法のポイント!

嚴島神社の最初の社「客神社(まろうどじんじゃ)」の向かい「祓い所」の前で、2礼2拍手1礼の作法に則ってお参りをします。その後、祓い串にて、自身の身体の祓いをします。 宮島 女子旅⑬ ①まず正面胸の高さに祓い串を構えます。

②次に肩へ左・右・左と払い、その後一礼をします。その際に、祓い串は頭より高かったり、極端に低くして足元を祓ったりすることは、作法からはずれていますので注意を。

③次に客神社の前にて、2礼2拍手1礼の作法に則ってお参りをします。賽銭を納める時は、賽銭箱の隅から滑らすように入れます。 宮島 女子旅⑭

⑸御本社での参拝の礼儀作法と神社内各社のルートポイント!

廻廊を道なりに進むと御本社に至ります。拝殿前(本殿の賽銭箱前で、2礼2拍手1礼の作法に則ってお参りをします。)右門客神社(みぎかどまろうじんじゃ)・左門客神社(ひだりかどまろうどじんじゃ)大国神社(だいこくじんじゃ)・天神社(てんじんじゃ)と廻廊に沿って順番に名社をお参りします。 厳島神社 右門客神社 左門客神社 廻廊を抜けて境内地から出たところで、最後に嚴島神社に向かって一礼します。 厳島神社 出口

ブログまとめ

長文になりましたが、嚴島神社参拝5つのポイントをお伝えしました。嚴島神社だけでも、こんな作法がございます♪でも知っていれば、神社観光もより楽しめますよね♪他の観光本やガイドマップでは、ここまで詳しく解説されてないと思いますので、是非、嚴島神社観光に役立てて下さいね。あなたの観光が楽しい思い出になりますように・・また別のブログでお会いしましょう!ともちんでした。 厳島神社 参拝マップ

嚴島神社観光も登場!錦水館プロデュース「宮島女子旅動画」

宮島観光や錦水館の情報をYouTube動画で配信中・・ 映像で伝える宮島の観光を、旅行前にご覧ください♪

この記事を書いた人

武内 智弘
武内 智弘
1981年、広島県宮島生まれ。修業先の神楽門前湯治村から家業である旅館を継ぐ。現在六代目として日々奮闘中。宮島に2つの旅館「錦水館」「錦水別荘」を運営している。宮島の魅力をもっと知って欲しい・・という想いから観光をサポートするブログを更新しています。「お客様にまた来たい!」と言って頂ける宿を目指します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

一願大師女性必見!運気アップ3つの宮島ご利益スポットをご案内

写真 2014-04-01 15 55 01山ガール必見!宮島弥山登山3つのポイント―前編―

関連記事

  1. 天心閣ヘッダー

    五重塔と千畳閣を目の前に望むCafe。『天心閣』をご紹介。

    こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。今日のブログは、宮島…

  2. 宮島 女性のひとり旅

    宮島 ひとり旅をより楽しむ観光プラン~女性編~

    こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。今日のブログは、「宮…

  3. 宮島秋の過ごし方

    ついに秋本番!紅葉をより楽しみたい方へオススメの過ごし方

    こんにちは!若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。今日のブログは、「ついに秋本…

  4. 宮島 大鳥居 観光の楽しみ方

    海に浮かぶ大鳥居観光をより楽しむための宮島観光アドバイス!

    こんばんは!若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。今日のブログは、お客…

  5. スピリチュアル女子

    スピリチュアル女子必読!宮島パワースポット巡り【前編】

    こんにちは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。今日のブログは、スピ…

  6. 櫓櫂舟

    瀬戸内の観光を楽しむ魯櫂舟をご存じですか?

    こんにちは!宮島観光アドバイザーのともちんです。&nbs…

  7. 厳島神社46

    なぜお客様は宮島に旅に来るんだろう?宮島3つの認識。

    若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。今日は、なぜお客様は宮島に旅に来るんだ…

  8. 天ぷら津久根島

    アツアツ!サクサクの食感!宮島で唯一の天ぷら専門店「てんぷら津久…

    錦水館の若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。今日のBlogは、ご覧に…

広島の天気予報

ともちん自己紹介

Twitter でフォロー

PAGE TOP