menu

中小企業だからこそ取り組まないと損をするソーシャルメディアの活用

中小企業だからこそ取り組まないと損をするソーシャルメディアの活用

こんばんは!若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、仕事のお話です!「中小企業だから取り組まないと損をするソーシャルメディアの活用」ついてボクがソーシャルメディアを自社に活用して感じた事を書いています。

自社でソーシャルメディアを本格的に取り組んで約1年ほど、当時FacebookやTwitterなどいわゆるソーシャルメディアの発達している時に、時代の流れに合わせて、ボクも最初取り組んでみたけど、個人や会社に運用する手段や手法などは分からず、ただ発信することだけに注力していた頃がありました。

ソーシャルメディアの勉強はエクスペリエンス・マーケティング(通称:エクスマ)の藤村先生ソーシャルメディアアカデミーの大見先生の元で勉強して、ソーシャルメディアの可能性や活用について沢山の気づきや学びを教えて頂きました。先生方、先輩方、色々なソーシャルメディアの本を読んで中小企業だから取り組まないと損だなって思う事を、今日はブログで書いてみようと思います。

今回のブログが、企業でソーシャルメディアの活用を考えている方の参考になれば嬉しいです。

なぜ、ソーシャルメディアの活用が必要なのか?

そもそも、ソーシャルメディアの活用をした方が良い?悪い?という質問を良く聞きますが、ボクの答えは活用した方が良いです。それはなぜかというと、今までは、企業が発信する情報のメインは広告や紙媒体が多かった。その分、大企業が広告宣伝にかけるコストと比較しても、中小企業の宣伝費のコストは、どう考えても勝てません。ましてや同じ業種が多い中、資本が強い会社と同じ事をすれば経営に影響がでますよね。ソーシャルメディアの活用は、会社や個人の情報発信の可能性をより広げるツールだとボクは、思っています。

ソーシャルメディアがより知られてきたという事は、今まで資本が強い大企業でしか、できなかったお客様への情報発信が、中小零企業でも同じように情報の発信が可能になったと思っています。しかも無料で!これって、とても大切な事だとボクは思っています。

今まで新規獲得のためにDMの発信や営業に回るスタッフの時間を考えると、中小企業で使える予算は、大企業が使う予算よりもだいぶ少ないです。でもソーシャルメディアを活用をする事で、データをPDF化し、すぐに資料が欲しいお客様にリアルタイムにSNSの発信で情報を届ける事ができる。例えば、あなたの会社のスタッフが、お客様に役立つ情報を発信していて、営業に回った時に、いつも情報の更新を見てますよ!と営業に行く前からお役に立つ事が出来る。

ボクがびっくりした事は、ブログを書き始めて、初めて会う人と名刺交換した時でも、あっ!観光のブログを書いている人ですよね?って声をかけてもらう事や、地元のテレビの取材を受けてTV出演できたり、個人の発信が影響力を持つ時代になってきたと思います。

その分、発信する人のスキルも重要

ボクの場合は、宮島で旅館を営んでいる分、宿の情報も大切ですが、ほとんどが宮島の観光に役立つ情報をブログやSNSを通して、発信しています。それは何故かというと、宮島にお越しになるお客様へ、宮島の観光をより楽しんでもらいたい!という目的があって情報を発信しているからです。

でも宿だけのPRや売り込みだけの情報発信だと、せっかく興味を持ってくれたお客様も離れていってしまう。なぜなら、一番にお客様が宮島に旅にくる動機は、観光目的だからです。だからこそ、発信する側が、お客様が欲しい情報は何か?この情報を発信する事でお役に立てるのではないか?など、不安を解消できる情報や提案できる内容を届ける事ができる編集力やスキル(知識)が必要になってくる時代だと思ってます。

ブログまとめ

中小企業のソーシャルメディアの活用について、ブログで書いてみましが、ボク自身もまだまだ導入したばかりで運用に悩む事も多いですが、やって気づくお客様の反応や、情報の拡散の凄さを実感しています。あなたの情報発信が誰の役に立つのか?誰かのために情報発信なら、その情報を見た人のお役に立てるときっと思います。”自社や個人で活用してお客様のお役に立つ”その視点が大切だと思います。ではでは、また別のブログで、ともちんでした。

この記事を書いた人

武内 智弘
武内 智弘
1981年、広島県宮島生まれ。修業先の神楽門前湯治村から家業である旅館を継ぐ。現在六代目として日々奮闘中。宮島に2つの旅館「錦水館」「錦水別荘」を運営している。宮島の魅力をもっと知って欲しい・・という想いから観光をサポートするブログを更新しています。「お客様にまた来たい!」と言って頂ける宿を目指します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

宮島 大鳥居 観光の楽しみ方海に浮かぶ大鳥居観光をより楽しむための宮島観光アドバイス!

宮島 おひさまパン工房宮島のおひさまパン工房をブログでご紹介♪訪れて感動した事。

関連記事

  1. 写真 2014-05-07 18 45 06

    宮島のオススメの撮影スポット紹介♪記念写真は思い出のひとつ

    こんばんは!錦水館 若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。本日は、市…

  2. 宮島名物 あなご飯

    宮島名物「あなご飯」の美味しいお店を発掘!!「いな忠」をレポート…

    こんにちは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。先日の大雪から、通常…

  3. ソーシャルリーダー同窓会

    情報社会の未来に向けて取り組むために必要と感じるスキル

    こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。昨日今日と伊豆長岡で…

  4. ともちん

    宮島観光アドバイザーともちんの休日 ~継続は力なり~

    こんにちは!宮島観光アドバイザーのともちんです。&n…

  5. おひさまパン⑥

    春に訪れたいファンの多い宮島の人気パン屋さん「おひさまパン工房」…

    こんばんは!若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです…

  6. エクスマセミナー

    エクスペリエンス・マーケティング(エクスマ)の勉強会に参加してき…

    こんばんは!宮島観光アドバイザーのともちんです。…

  7. もみじ谷公園①

    新緑の時期に行きたい!宮島ベストスポットをご案内。

    こんばんは!若旦那 武内こと宮島観光アドバイザーのともちんです。…

  8. ブログ 編集力

    編集力は、ブログで共感してもらうために必要なスキル。

    こんにちは!若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。今日のブログは、「編…

ブログの著者

宮島が大好きな創業100年の温泉旅館「錦水館」の六代目若旦那 武内。

ニックネームはともちん!宮島の観光に役立つ情報をブログで発信しています。お客様の思い出づくりのお手伝いをしたい!そんな気持ちで書いています。

広島の天気予報

ともちん自己紹介

tomochingram

Twitter でフォロー

PAGE TOP